任意後見サポートクラブ
ごあいさつ

人生はドラマチックです。

そんな一度きりの人生を健康で認知症にならずに生きぬくことができたらどれほど幸福なことでしょう。

現在、日本の高齢者はおよそ3,300万人です。

そのうち認知症患者と軽度認知障がい(MCI)を合わせた人数は、およそ1,000万人と推定されています。

認知症はすでに「明日は我が身の病」と言わざるをえません。

だからこそ、人は誰しも「認知症になって自分で自分がわからなくなりたくない」と思うのは当然です。

しかし、その思いはいつしか「私だけは認知症になりっこない」という願いを伴った思い込みに発展していないでしょうか。


では、判断能力がある健常者は認知症にどのように向き合えばよいのでしょうか。

この課題解決方法のひとつに「任意後見制度」の利用があります。

もちろん、認知症にならない生活習慣を身につけて予防することが一番大切ですが、万一、認知症になってしまったときのために「任意後見制度」によってあなた自身の生活をまもる準備をしておくことが肝要です。

人は誰しも加齢とともに判断能力が衰えます。だからこそ、手遅れにならないうちに制度を利用して、「認知症になったらどうしよう」という心の不安を取り除いてスッキリした清々しい気持ちで過していただきたいと願うのです。


一般社団法人 任意後見サポートクラブ

理事長  佐々 和亮         

1425550034.jpgakimotoshoujyou.png
image.png
supportkid.png
 

Copyright © 一般社団法人 任意後見サポートクラブ All rights reserved.